スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風の記念日

気管支拡張剤を注射してもらって一晩たった。

でも、風子の呼吸は楽になったようには見えない。

心を自宅にのこしたまま、出勤した。



夕方、4:30ごろパピーが帰宅。
風子は尻尾をふり、腰をクネクネさせて玄関までお出迎え(パピー談)

そのあと、6:00頃マミーが帰宅した時には、
その場で立ち上がり尻尾を振るだけ。
「もう、風子ったら冷たいなあ」と言ってはみたものの
それが精いっぱいだったようだ。

7:00過ぎには食事も終わり
お水を飲もうとするのだが、うまく飲めない。
見るにみかねて、スポイトで飲ませようと試みたがそれもダメ。

顔を覗き込むと、目の焦点が合っていないことに気づく。
「風子!どこ見てるの?」
「こっち向いて!」
一応反応はするけれど、やっぱり辛そう。
おまけに自慢の巻尾までタレ下がってしまっている。

「風子、どうした!尻尾を立てろぉ」
パピーの声に思わず尻尾をクルリンと上げた風子。



210604-1.jpg



テーブルに向かい合って座っているパピーとマミーの中間地点にそっと伏せる風子。

週末には二度目の抗がん剤治療が待っている。

時には二人でいっしょに、そして時には交替で
風子をさすりながら
「頑張れ、頑張れ」
と励まし続けた。

かれこれ二時間近く、口を閉じて呼吸をすることができない風子。

お友達の黒ラブ・りゅう君とケンカした時
結果的に腕に負傷したけど、
最後まで悲鳴もあげず、一歩も引かなかった強い風子。

そんな風子が見ているこちらが辛くなるくらい苦しんでいる。

8:40ころ、ついに
「そんなに苦しいなら、もう頑張らなくていいよ」
パピーとマミーが同時に口にした。

すると、10分ほどで
風子は呼吸をするのを止め、風になった。

いままで激しく波打っていた胸がもう動いていない。
最後に大きく息をはいた。
それと一緒に、すこしだけ血をはいた。

パピーは何度も風子の名を呼びながら人工呼吸をした。
無駄だとわかっていてもそうせずにはいられなかったんだと思う。



210604-2.jpg



悲しいけど、辛いけどやっと楽になれた風子。

パピーとマミーの間ではお恥ずかしい話ですが、
「生まれ変わったら、また一緒になろうね」と決めています。
だから風子も生まれ変わったらパピーとマミーのところで
一緒の時間を過ごそうね。

ありがとう風子










スポンサーサイト

コメント

私たちも、風ちゃんありがとう

この一年間、風ちゃんの思い出話は尽きなかったね~
時には涙したり、笑ったり、新しい発見したり、
でも、今日ひー君が言った
「二人ともよく頑張ったな!木の葉のおかげだぞ」
って、本当にそうだね~かわいい妹だ。

犬の十戒でいろんな書き方をみるけれど、
中でも好きなフレーズを「風の記念日」に
パピーとマミーに送ります。

「貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも
安らかに受け入れられます。そして・・・・・
どうか忘れないで下さい
私が貴方を愛していることを。」

ブログを楽しみにしています!!

  • 2009/06/04(木) 23:37:24 |
  • URL |
  • レオママ #-
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2009/06/05(金) 21:15:44 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

レオママさん

こちらこそ、ほんとにありがとうございました。
本当に無条件で私たちを愛してくれるから
別れもまたつらいです。
でも、この記事を書いたことで少しおちついた気がします。
これからもよろしくお願いします。

  • 2009/06/07(日) 21:57:03 |
  • URL |
  • きまこ #-
  • [ 編集 ]

○○○○さん

ほんとに、ご無沙汰してました。
こんなブログを忘れずに見てくれたことに驚きです。
ありがとうございます。
風子は最後の最後まで必死で頑張りました。
だから私たちも風子に会えるその日まで
頑張って生きていきます。
あっ「顔晴って!」生きていきます。

  • 2009/06/07(日) 22:01:06 |
  • URL |
  • きまこ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fuukono.blog121.fc2.com/tb.php/229-d7e268c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。